紅烏のにわにわブログ 〜約束された勝利の急所〜

ドンカラス大好きにわかゲーマーの愚痴グチぐち。

「SCP」とはなんぞや?って方に捧ぐ

おはよおおおおおおおお!!!

 

 

 

えーっと今回はですね、あっしが以前からハマりにハマってる「The_SCP_Foundation」についてにわかながらお話したいと思います。

最近よく見かけませんか?「SCP」という単語を。

 

SCPとは『目を離すと超高速で移動して人間の首をへし折る彫像』や『あらゆる水分に触れさせると敵対的な砂の怪物を作り出す砂漠』や『指定した飲み物を必ず出すコーヒー自販機』や『自分が生まれたという事実を消し去るイナゴ』などなど…、異常存在を指すことが多いです。

メタ的に言うとこうした異常存在を創作するサイトが存在します。

こうした異常存在を秘密裏に「Secure(確保)」、「Contain(収容)」、「Protect(保護)」する架空の団体のことを「SCP財団」と呼ぶ訳です。

 

SCPは基本、特別収容プロトコル(Special Containment Procedures)やその説明を記した報告書として描かれ、先程『』で挙げたのも全て存在し、財団によって収容(もしくは確認)されているSCP(SCiP)です。

 

ま、端的に言えば「よくわからん生き物とか物体とか現象とか場所とかを、それが確保、収容、保護されたりされなかったりしている体で創作しようぜ」っていうメンバーの集まりですな。

 

読み物が好きだったり、UMAとか、そういうオカルチックなものが好きな方は多分ハマります。ソースはあっしです。

 

では説明がてらSCPの紹介をしていきましょうかね。

 

 

SCP-682 -不死身の爬虫類

オブジェクトクラス:Keter


f:id:beni_sou:20180121120457j:image

SCPにはSCP-■■■というふうにナンバーが振り分けられています。右のは呼び名ですね。

 

「オブジェクトクラス」というのはそのオブジェクトの収容難度を表すもの。簡単なものから順に「Safe」「Euclid」「Keter」があります。こいつは最高難度のKeter。

ちなみにこれはオブジェクトの危険性ではなくあくまで収容難度なので、「国家によって適切に保持されている核爆弾」はSafeです。「意思を持ち、自分で爆発できたりする核爆弾」ならEuclid。「無制限に増殖し瞬間移動して爆発する核爆弾」とかだとKeterですかね。

 

SCP-682はその名の通り不死身のトカゲ。あらゆる傷が一瞬で再生する上、自分の形をメタモンの如く変化させられたりとてつもない力と素早さを併せ持つまさに化け物。しかも人間に憎悪を抱いてるし感情がある。てことで収容もガッチガチで、分厚い鉄製の部屋の中に塩酸プールに浸された状態。それでも収容を脱したりするもんだから、こいつの収容されてる建物の周囲50kmは都市開発が行われない。それって隠蔽できてるんですかね。

 

こいつはSCPの中でもかなりヤバい部類ですね。今ではこいつみたいなSCPは使い古されたつまらないネタとされてます。俺TUEEEE系SCP代表です。

 

 

SCP-239 -ちいさな魔女

オブジェクトクラス:Keter


f:id:beni_sou:20180121122151j:image

 

またKeterです。この子は「現実改変」の能力を持ったSCP。何と「自分が考えたことはその通りに叶う」というドラえもんも真っ青の能力持ち。故に医療的手段で常に昏睡状態になっています。

当然ですが死にません。「自分は死なない」というふうに無意識に現実を改変しているようで。

 

現実改変に関して「ヒューム値」とか「スクラントン現実錨」とか色々用語はあるんですが割愛割愛。

 

SCP-040-JP -ねこですよろしくおねがいします

オブジェクトクラス:Safe


f:id:beni_sou:20180121200454j:image

 

「-JP」は日本で発見された(日本版サイトでつくられた)SCP記事という意味。財団日本支部の中でもかなり有名な部類に入るSCP。本体は画像の井戸小屋がオブジェクトで、その井戸の中を見た者は「ねこがいる」という観念に取り憑かれます。

このSCPは財団にも多い「ミーム」系のSCPです。「ミーム」とはとある(実在する)科学者が提唱した文化の伝達における基本単位のこと。

実はありふれたものであり、簡単な例で行けば「インテル長友」という単語を見た時に、あなたはサッカーが思い浮かびますか?それとも野獣先輩が思い浮かびますか?

ここで野獣先輩が思い浮かんだあなたは淫夢語録に「ミーム汚染」されてるのです。ね?簡単でしょ?

 

で、このSCPは全ての一般的なイエネコを見た時、造作のない顔に大きな目がふたつついた異形の「ねこ」に見えるようなミームを持ちます。ねこはいます

これだけならまだ良いのですが、これからがミームの怖いところで、この観念は他の人間へと伝染します。きいてますかあらゆる媒体を通して。いますそしてこのミームに限っては、「ねこ」の観念を他人に積極的に伝えようとする為、厄介極まりない。

まあ伝染の仕方はねこですそのミームそれぞれですが、「この建物はかつて図書館だった」と認識させるミームだったり「それついて説明するときどうしても一人称視点になってしまう」なんてミームもあります。ねこでした

 

よろしくおねがいします

                                                メモ

 

 

 

(まだまだ紹介し足りませんよろしくおねがいします、ねこでした)

 

 

 

この記事は「クリエイティブ・コモンズ 表示-継承 3.0ライセンス」に基づいています。

紹介したSCP

SCP-682 -不死身の爬虫類 本家→http://www.scp-wiki.net/scp-682 翻訳→http://ja.scp-wiki.net/scp-682

SCP-239 -ちいさな魔女 本家→http://www.scp-wiki.net/scp-239 翻訳→http://ja.scp-wiki.net/scp-239

SCP-040-JP -ねこですよろしくおねがいします http://ja.scp-wiki.net/scp-040-jp